当院の親類である慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの広瀬信義氏らのグループが研究成果を報告しニュース等で注目されました。

一般人と比較して大きく異なり、身体にとってマイナスとなる状況が病気として認識されて医学は発展してきました。百寿者研究とは110歳以上の超百寿者にあって、一般人にないものを検討することにより老化や生命の機構を明らかにしていく研究です。今回、免疫系との関与が報告され、今後は一般人における「CD4陽性キラーT 細胞」や免疫バランスと病気や身体への影響についての研究へと発展していくものと考えられます。

 

以下、記事より

理化学研究所(理研)生命医科学研究センタートランスクリプトーム研究チームの橋本浩介専任研究員、ピエロ・カルニンチチームリーダーと慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの広瀬信義特別招聘教授(研究当時)らの共同研究グループ※は、スーパーセンチナリアン(110 歳以上)が特殊な T 細胞である「CD4陽性キラーT 細胞」を血液中に多く持つことを発見しました。

本研究成果を通して免疫と老化・長寿との関係を理解することで、免疫の老化を予防し、健康寿命の延伸に貢献することが期待できます。

https://research-er.jp/articles/view/83548

One Thought to “110歳以上の超長寿者が持つ特殊なT細胞-スーパーセンチナリアンの免疫細胞を1細胞レベルで解析-”

  1. Which gaming console must i get? Xbox one x, Xbox one s or PS4 Pro?
    PS4 !!!!!!