医師紹介

院長挨拶

 

  私がこの町で開業してから、四半世紀になる。この町は東京なのに、まだまだ情の厚い人が多い。診療所に来られている人には才能豊かな人が多い患者さんのSさんは素晴らしい写真家で旅に出ると人生の奥行きの深さを感じさせる写真を収めて見せてくれる。Kさんは、絵の名人でやはり人生経験の縮図をキャンバスに表現して見せてくれる。みんなどこかに出品したら賞が取れると思うような作品であるが、さらさらその気はなさそうで人生を楽しんでおられる。Hさん、Tさん、Aさん、その他、皆が、私が草臥れたように見えるときなどには、「先生お大事に」といってくれる。いつも「ありがとう」といいながら、ああ、みんなに大事にされて幸せだな、なんて感じてしまう。

 この町での長い診療経験を通じて気がついたのだが、思いのほか専門医の治療が必要なガンや心臓病、肝臓病の患者さんが多い。私のここでの役割はこのような病気を早く発見し、早く適切な治療を受けてもらうことである。そのために医療連携も大切にしている。 幸い私は東京医大の講師として、後輩の指導に当たりながら、沢山の病気を経験することができた。そこでの経験を生かし、さらにこの町での四半世紀の臨床経験を生かしできるだけ患者さんにあっちこっち行かずに治療をどうすればよいかの結論を出せるようにしたいと考えた。そこで、新しい診療所に移るのを契機に、それぞれの分野の専門家に時々来てもらい診療の補強をしてもらうことにした。また、それらの方たちの要請もあって、今回、診療所としては機能の高いCTを導入した、その他、消化管の透視装置、カラードップラー付心エコー、血管脈拍測定器なども活用している。

 私がこのちっちゃな診療所でできることはほんの限られた部分であるが、地域のひとたちの健康管理に役にたてばこの上ない幸せである。

医療法人社団  野村医院

院長  野村  和子

 

院長プロフィール

 

野村 和子:

元東京医科大学 講師 

医学博士  内科認定医 

 

医師紹介

 

野村 和至:

東京大学医学部附属病院 老年病科

元関東中央病院 代謝内分泌内科 医長

医学博士  内科認定医 糖尿病専門医 老年病専門医 日本医師会臨床研修指導医

 

野村 和弘:

元国立がんセンター中央病院院長、元独立行政法人東京労災病院長、医療法人社団 野村クリニック院長、小規模多機能型居宅介護施設 陽光園 顧問

医学博士  脳神経外科専門医 日本脳神経外科認知症学会会員 認知症治療研究会会員 

 

飯島 勝矢:

東京大学 高齢社会総合研究機構 教授

医学博士  内科認定医 循環器専門医 老年病専門医

 

小川 純人:

東京大学医学部附属病院 老年病科准教授

医学博士  内科認定医 老年病専門医 認知症専門医 

 

押田 翠:

葛西昌医会病院整形外科、東京逓信病院整形外科(リウマチ・中高齢者膝疾患外来担当)

医学博士  日本リウマチ学会・専門医・指導医 日本整形外科学会整形外科専門医・認定スポーツ医 麻酔科標榜医 日本医師会産業医 

 

瀬川 和彦:

国立精神・神経医療研究センター 総合内科部長

医学博士  総合内科専門医 循環器専門医